個人情報保護方針

ブレインネットワーク株式会社(Brain network.,LTD)は、以下ブレインネットワークと表記する。高度情報通信社会における個人情報保護の重要性に鑑み、以下の会社方針に基づき個人情報の保護に努めます。

 

方針

  1. 個人情報保護コンプライアンス・プログラムの策定と継続的改善 当社は、役員および社員に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報を適切に保護するための個人情報保護コンプライアンス・プログラム(本方針、『ブレインネットワーク 個人情報保護規程』およびその他の規程、規則を含む。)を策定し、実施し、維持し、継続的に改善します。
  2. 『ブレインネットワーク株式会社日本支社 個人情報保護規程』の遵守 当社は、『ブレインネットワーク 個人情報保護規程』およびその他の規程、規則に従い、各部門の業務内容および規模を考慮した適切な個人情報保護のための管理体制を確立し、個人情報を適切に収集、利用、提供するとともに、情報主体(本人)への個人情報の開示や訂正など、情報主体への適切な対応を行います。
  3. 個人情報の正確性・安全性の確保 当社は、個人情報の正確性および安全性を確保するため、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、情報通信技術および管理組織体制の両面から合理的な安全対策を講じて、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩などの防止に努めます。
  4. 個人情報保護に関する法令およびその他の規範遵守 当社は、個人情報の保護に関する法令の規定および行政機関その他が特に定めた規範、ガイドラインなどを遵守します。

 

趣旨

第1条:この規程は、個人の権利利益を保護するため、ブレインネットワーク株式会社(Brain network.,LTD)以下「ブレインネットワーク」の保有する個人情報の適正な取り扱いの確保に関し必要な事項を定めるものとする。

 

個人情報の範囲

第2条:この規程において「個人情報」とは、個人に関する情報であって、特定の個人が識別され、または識別され得るものをいう。ただし、法人その他の団体に関して記録された情報に含まれる当該法人その他の団体の役員に関する情報を除く。

収集の制限

第3条:ブレインネットワークは、個人情報を収集するときは、個人情報を取り扱う事務の目的を明確にし、当該目的を達成するために必要な最小限の範囲内で、適法かつ公正な手段により収集するものとする。 2 ブレインネットワークは、思想、信条および宗教に関する個人情報並びに社会的差別の原因となる個人情報を収集しないものとする。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、この限りでない。 法令などに定めがあるとき。事務の目的を達成するために必要不可欠であると認められるとき。 3 ブレインネットワークは、個人情報を収集するときは、本人から収集するものとする。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、この限りでない。 法令などに定めがあるとき。 本人の同意があるとき。 出版などにより公にされているとき。個人の生命、身体または財産の安全を守るため、緊急かつやむを得ないと認められるとき。 前各号に掲げる場合の他、本人以外のものから収集することに相当な理由があると認められるとき。

 

利用及び提供の制限

第4条:ブレインネットワークは、個人情報を取り扱う事務の目的以外の目的のために個人情報を利用し、または外部に提供しないものとする。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、この限りでない。 法令などに定めがあるとき。本人の同意があるとき。出版などにより公にされているとき。個人の生命、身体または財産の安全を守るため、緊急かつやむを得ないと認められるとき。公益上の必要その他相当の理由があると認められるとき。 2 ブレインネットワークは、前項ただし書の規定により個人情報を利用し、または提供するときは、個人の権利利益を不当に侵害することのないようにするものとする。

 

提供先に対する措置要求

第5条:ブレインネットワークは、外部に個人情報を提供する場合において、必要があると認めるときは、提供を受けるものに対し、当該個人情報の使用目的もしくは使用方法の制限その他必要な制限を付し、またはその適正な取り扱いについて必要な措置を講ずるよう求めるものとする。

 

正確性及び安全性の確保

第6条:ブレインネットワークは、個人情報を取り扱う事務の目的に必要な範囲内で、個人情報を正確な状態に保つよう、努めるものとする。 2 ブレインネットワークは、個人情報の漏えい、滅失およびき損の防止その他の個人情報の適正な管理のために必要な措置を講ずるよう努めるものとする。 3 ブレインネットワークは、保有する必要がなくなった個人情報を確実に、かつ、速やかに廃棄し、または消去するものとする。ただし、歴史的な資料として保存する必要があるものについては、この限りでない。

 

委託に伴う措置

第7条:ブレインネットワークは、個人情報を取り扱う事務を委託しようとするときは、個人情報の保護に関し必要な措置を講ずるものとする。

職員の責務

第8条:個人情報を取り扱うブレインネットワークの職員または職員であった者は、職務上知り得た個人情報をみだりに他人に知らせ、または不当な目的に使用してはならない。

個人情報取扱業務書

第9条:ブレインネットワークは、個人情報を取り扱う事務ブレインネットワークの社員または職員であった者に係るものを除くについて、個人情報取扱業務書別記様式を作成するものとする。 2 ブレインネットワークは、前項に規定する個人情報取扱業務書について閲覧の申し出があったときは、これに応ずるものとする。

自己情報の開示

第10条:ブレインネットワークは、その保有する個人情報について、開示の申し出があったときは、申し出た者が申し出に係る個人情報の本人であることを確認したうえで、これに応ずるよう努めるものとする。ただし、開示しようとする個人情報が次の各号のひとつに該当するときは、当該個人情報の全部または一部を開示をしないことができる。 法令などの定めるところにより、開示をすることができないと認められるとき。開示をすることにより、第三者の正当な権利利益を侵害するおそれがあるとき。開示をすることにより、ブレインネットワークの事務の適正な遂行に支障が生ずるおそれがあるとき。

開示の申し出に対する通知など

第11条:ブレインネットワークは、開示の申し出があったときは、当該申し出があった日の翌日から起算して14日以内に、開示の申し出に係る個人情報を開示するかどうかを通知するものとする。ただし、やむを得ない理由により当該期間内に通知することができないときは、この限りでない。 2 ブレインネットワークは、開示する旨の通知をしたときは、速やかに当該個人情報を開示するものとする。

 

費用負担

第12条:個人情報の開示を受ける者は、ブレインネットワークが別に定める額の費用を負担しなければならない。 2 費用は、個人情報の開示を行う際に徴収する。 3 既納の費用は、還付しない。 4 ブレインネットワークは、特別の理由があると認めるときは、費用を減額し、または免除することができる。

 

自己情報の訂正

第13条:ブレインネットワークは、開示を受けた個人情報について訂正の申し出があった場合において、当該個人情報に事実の誤りがあると認めるときは、これに応ずるものとする。

訂正の申し出に対する通知

第14条:ブレインネットワークは、訂正の申し出があったときは、当該申し出があった日の翌日から起算して30日以内に、訂正の申し出に係る個人情報を訂正するかどうかを通知するものとする。ただし、やむを得ない理由により当該期間内に通知することができないときは、この限りでない。

 

苦情の処理

第15条:ブレインネットワークは、その保有する個人情報の取り扱いに関する苦情などについては、適正かつ迅速な処理に努めるものとする。

 

委任

第16条:この規程に定めるものの他、ブレインネットワークの保有する個人情報の保護について必要な事項は別に定める。 附則 この規程は、2012年年1月1日から施行する。

このページの先頭へ

イメージ画像